2.OSインストール後の設定

2.1. raspi-config による基本環境の設定

先ず、raspi-config で基本環境の設定を行います。
青色の入力、選択の手順に従って進めてください。
$ 行の先頭にあるのはコマンド実行を意味しますので、$ を除いてコマンドを実行してください。

$ sudo raspi-config
PI-15

1 Expand Filesystem

2 Change User password

You will now be asked to enter a new password for the pi user
Enter new UNIX password: passwd
Retype new UNIX password: passwd

4 Internationalisation Option

I1 Change Locale
Configuring locales
en_US.UTF-8
ja_JP.UTF-8 UTF-8
Default locale for the system environment:
en_US.UTF-8

I2 Change TImezone
Configuring tzdata
Asia
Time zone:
Tokyo

I3 Change Keyboard Layout
※ssh接続では以下表示されない場合あり。
Keyboard model:
Generic 101-key PC
Keyboard layout:
Other
Country of origin for the keyboard:
Japanese
Keyboard layout:
Japanese
Key to function as AltGr:
The default for the keyboard layout
Compose key:
No Compose Key
Use Control+Alt+Backspace to terminate the X server?
No

5 Enable Camera
Enable support for Raspberry Pi camera?
Disable

8 Advanced Options

A2 Hostname
任意な名前

A3 Memory Split
32
※私はX-Window(Windowsのようなグラフィカル画面)を使わないので、最少にとどめています。
※32~128の間で設定するのが良いでしょう。

A7 I2C
I2C kernel module will now be loaded by default
Yes
The ARM I2 C interface is enabled
Ok
Would you like the I2C kernel module to be loaded by default?
Yes
I2C kernel module will now be loaded by default
Ok

A8 Serial
Would you like a login shell to be accessible over serial?
Yes
Serial is now enabled
Ok

A0 Update
更新が始まりますので、終わるまで待ちます。

以上が終わったら、Finish します。

Linux の Windows Update にあたるソフトの更新を行います。

$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get upgrade
双方とも終わるまで、しばらく時間を要します。
途中の質問にはすべて Y で答えます。

スワップ領域(メモリが不足する場合などに利用する)を設定します。

$ free
total used free shared buffers cached
Mem: 218420 56860 161560 0 10456 24908
-/+ buffers/cache: 21496 196924
Swap: 102396 0 102396

$ sudo /etc/init.d/dphys-swapfile stop

$ sudo nano /etc/dphys-swapfile
CONF_SWAPSIZE=1024

Raspberry Pi 2 B+ 以外は 512 に設定します。

$ sudo /etc/init.d/dphys-swapfile start

$ free
total used free shared buffers cached
Mem: 981920 79264 902656 0 11188 32920
-/+ buffers/cache: 35156 946764
Swap: 1048572 0 1048572

ネットワークは、以下の赤字のように固定IPに設定しておくと便利です。

 

$ sudo nano /etc/network/interfaces
auto lo
iface lo inet loopback

auto eth0
#allow-hotplug eth0
#iface eth0 inet manual
iface eth0 inet static
address 固定IPアドレス
netmask サブネットマスク
gateway デフォルトGWのIPアドレス

auto wlan0
allow-hotplug wlan0
iface wlan0 inet manual
wpa-conf /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf

nano は、コマンドラインで簡単に使えるテキストエディタです。
以下を参考に操作を行ってください。

“nano”を終了する
http://www.obenri.com/_nano/close_nano.html

端末で使うテキストエディタ nano
https://sites.google.com/site/linuxnomemo/mint-use/nano

DNS は Goole提供のものを利用します。
インターネットのどのプロバイダーからでも利用でき、トラブルが少なく便利です。

$ sudo nano /etc/resolv.conf
nameserver 8.8.8.8
nameserver 8.8.4.4

$ sudo chattr +i /etc/resolv.conf

ここまで設定したら、一旦再起動します。

$ sudo reboot

2.2.時計の設定

センサなどを活用する場合、正確な時刻設定は重要です。
Raspberry Pi には内臓電池がなく、再起動などで時刻がずれ易く、インターネット先のntpサーバで、1時間に1回時計合わせを行うよう設定します。

$ sudo nano /etc/ntp.conf
(中略)
#server 0.debian.pool.ntp.org iburst
#server 1.debian.pool.ntp.org iburst
#server 2.debian.pool.ntp.org iburst
#server 3.debian.pool.ntp.org iburst
pool ntp.nict.jp iburst
(中略)

$ sudo /etc/init.d/ntp restart

$ sudo ntpq -p
remote refid st t when poll reach delay offset jitter
==============================================================================
ntp-b3.nict.go. .NICT. 1 u 1 64 1 30.011 -12.760 2.490
ntp-a3.nict.go. .NICT. 1 u – 64 1 22.472 -12.338 0.282
ntp-b2.nict.go. .NICT. 1 u 1 64 1 34.106 -13.638 0.580
ntp-a2.nict.go. .NICT. 1 u – 64 1 19.484 -10.860 0.430

$ crontab -e
0 * * * * sudo ntpq -p

$ sudo nano /etc/rc.local
( exit 0 の直前に以下を追加)
ntpq -p

続きは 3.センサなどを使うための詳細設定 へ

 

 

広告

About Yukihito Kataoka
@ykataoka

現在コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。