AWS麻雀のCDP:Stampパターン

JAWS-DAYS 2015 AWS麻雀体験企画
– AWS麻雀のCDP役を理解する –

2.Stampパターンを実践・理解する

AWS麻雀CDP役(1〜4ECU+5ECU+1〜4ECU)
CDP2-01

今回のStamp(スタンプ)とは、間接的な意味で使われています。

EC2で環境設定済みの仮想サーバーを構築し、AMI(amazon machine image)を作成します。

AMIはOSや使うソフトが設定済でプレインストールされたHDDのようなものと考えてください。

このAMIを活用すると、あたかもスタンプを押すように仮想サーバーを複製して、環境設定済みの仮想サーバーを大量に用意できます。

これがStampパターンです。

今回は、現在稼働しているEC2のサーバのAMIを作成し、このAMIを使って複製サーバを起動してみます。

ちなみに、AMIは前回作成したSnapshotからも作成できます。

サーバに負荷をかける開発などでは、定期的に確保したSnapshotでこのStampパターンを実践して何度も助かりました。(汗)

以下、AMIを作成し、そのAMIで新しいサーバを立ち上げてみます。

今回はEC2の以下のWebサイトを複製します。
CDP2-02

EC2のインスタンスの画面で、該当するEC2で右クリックか、選択してActionボタンをクリックします。(以下同じ)
CDP2-03A

Image、Create Image を選択します。
CDP2-04A

name、description を入力、Create Image を実行します。
CDP2-05A

以下が表示されればAMIが作成されています。
CDP2-08

AMIの画面で確認します。
CDP2-09A

作成したAMIから複製サーバを作成します。
CDP2-10A

EC2の目的に合ったInstanceを選択します。
今回はデモなので、最少のt2.microを選択し、Review and Lanche します。
CDP2-11A

初期値ではssh以外通信できません。
Security Group を複製元と同じ設定にします。
CDP2-12A

以下のように、複製元の設定を選択してWeb用のポートを空けます。
CDP2-13A

以上で、Launch します。
CDP2-14A

ssh接続用の key pair を設定します。
CDP2-15A

以上で複製サーバの作成が完了。
CDP2-16A

作成されたInstanceが起動しています。
CDP2-17A

Instanceが起動した(Status Checks が2/2 になる)ら、下部に表示されているURLにアクセスしてみます。
CDP2-19A

以下、左がオリジナル、右が複製サーバのWebにアクセスした様子です。
複製なので、URL以外は変わりません。
CDP2-20A

以下のように、SnapshotからAMIを作成する事もできます。
手順は同じです。
CDP2-18A

以上がStampの実践です。

JAWS-DAYS 2015 AWS麻雀体験企画 に戻る

広告

About Yukihito Kataoka
@ykataoka

現在コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。