6.Raspberr Pi のセンサ開発

前へ 目次 次へ

Raspberr Pi のセンサ開発を楽にするため wiringPi というライブラリを利用します。
http://wiringpi.com/

構築は以下の手順で行えます。

$ git clone git://git.drogon.net/wiringPi
$ cd wiringPi
$ ./build

Raspberr Pi で距離センサ HC-SR04 を使うのは以下を参照すると良いでしょう。

Using an Ultrasonic Sensor (HC-SR04) on a Raspberry Pi with Python
http://www.bytecreation.com/blog/2013/10/13/raspberry-pi-ultrasonic-sensor-hc-sr04

Raspberry Piに超音波距離計”HC-SR04”つけてみた(EeePCの軌跡さん)
http://arkouji.cocolog-nifty.com/blog/2014/05/raspberry-pihc-.html

距離センサとカメラの連携は、上記にPythonのexecでRaspberr Piカメラの静止画保管を入れると良いでしょう。
http://docs.python.jp/2.5/ref/exec.html

私は別途C言語で開発し /home/pi/pgm/awsphp/distance という実行ファイルを置きました。

Raspberr Pi で温室度センサ DHT11 を使うのは以下を参照すると良いでしょう。

DHT11 HUMIDITY & TEMPERATURE SENSOR MODULE(UUGearさん)
http://www.uugear.com/portfolio/dht11-humidity-temperature-sensor-module/

温湿度センサDHT11をRaspberry Piに繋いでシリアル入力を学ぶ(徒労日記さん)
http://dolls.orz.hm/?p=9000

こちらも私はC言語で開発し /home/pi/pgm/awsphp/temp_hum2 という実行ファイルを置きました。

前へ 目次 次へ

広告

About Yukihito Kataoka
@ykataoka

現在コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。