10.Raspberr Pi に AWS PHP SDK 環境の構築

前へ 目次 次へ

Raspberr Pi に戻り、AWS PHP SDK を利用する環境を構築します。

$ sudo apt-get install php-pear php5-curl

curlを利用した環境構築

$ mkdir /home/pi/aws
$ cd /home/pi/aws
$ curl -sS https://getcomposer.org/installer | php
$ nano /home/pi/aws/composer.json
{
  “require”: {
    “aws/aws-sdk-php”: “2.*”
  }
}

$ php composer.phar install
$ sudo nano /home/pi/aws/vendor/aws/aws-sdk-php/src/Aws/Common/Resources/aws-config.php

return array(
    'class' => 'Aws\Common\Aws',
    'services' => array(

        'default_settings' => array(
            'params' => array(
                'key' => 'アクセスキー',
                'secret' => 'シークレットキー',
                'region' => 'ap-northeast-1' // リージョン(日本)
            )
        ),
(後略)

pear を利用した場合の環境構築です。
RaspberryPiではNGでした

(EC2では問題なしです。)

$ sudo pear config-set auto_discover 1
$ sudo pear channel-discover pear.amazonwebservices.com
$ sudo pear -D auto_discover=1 install pear.amazonwebservices.com/sdk-2.6.16
$ sudo nano /usr/share/php/AWSSDKforPHP/Aws/Common/Resources/aws-config.php

return array(
    'class' => 'Aws\Common\Aws',
    'services' => array(

        'default_settings' => array(
            'params' => array(
                'key' => 'アクセスキー',
                'secret' => 'シークレットキー',
                'region' => 'ap-northeast-1' // リージョン(日本)
            )
        ),
(後略)

一連の設定の流れは、以下などの情報を参考にされると良いでしょう。

AWS SDK for PHPでAmazon S3 にファイルをアップロードする(cloudpackエバンジェリストの吉田真吾さん)
http://yoshidashingo.hatenablog.com/entry/2014/08/31/170333

上記設定はデモなので簡易に対応していますが、別途 セキュリティ対策 をしっかりされる事をお勧めします。

以下のSTS対応まで実装できると良いのですが、今回は時間が。。。(汗)
http://docs.aws.amazon.com/STS/latest/UsingSTS/STSUseCases.html

前へ 目次 次へ

広告

About Yukihito Kataoka
@ykataoka

現在コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。