クラウドでビックデータのスモールスタート

四国クラウドお遍路2014 -四国クラウド維新-
http://ohenro.jaws-ug.jp/

 

「クラウドでビックデータのスモールスタート」

資金力に乏しい地方 でも、活用するアイディア があれば、クラウドサービスを活用して、ビックデータへの挑戦をスモールにスタート可能です!
今回はAmazon AWS の DynamoDB、S3 を活用して、無償利用枠内で構築した試作システムの例でご紹介します。

プレゼン企画 クラウドでビックデータのスモールスタート

– Raspberry Pi と AWS DynamoDB,S3 を使ったセンサシステム開発 –

お金のない地方でもクラウドサービスを活用しビックデータへの挑戦をスモールにスタート可能である事を、実際にRaspberry Pi と クラウドサービス Amazon AWS DynamoDB,S3 を使って1万円程度で試作したデモシステムで実証します。

目次

0.デモシステムの仕様

1.今回の投資内容について

2.Amazon AWS とその費用について

3.Raspberry Pi に OS(Rasbian Linux)のインストール

4.Raspberr Pi の開発環境の整備

5.Raspberr Pi の専用カメラ関連の設定

6.Raspberr Pi のセンサ開発

7.クラウド Amazon AWS の利用開始

8.DynamoDB (Key-Valueストア型DB)環境の構築

9.ファイルを保管するS3環境の構築

10.Raspberr Pi に AWS PHP SDK 環境の構築

11.Amazon AWS DynamoDB にセンサの計測値を記録

12.Amazon AWS S3に画像ファイルを保管

13.Web用LinuxサーバをEC2に構築

14.EC2 に AWS PHP SDK 開発環境を構築

15.AWS の DynamoDB、S3に保管したデータをEC2のWebサーバで表示

広告

About Yukihito Kataoka
@ykataoka

現在コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。