Windows環境で Elastic Beanstalk を使ってデプロイ(アプリ更新)

Windows環境で Elastic Beanstalk を使ってデプロイ(アプリ更新)

¥の半角は\で表示

・参考サイト

http://www.ninton.co.jp/?p=1060
http://d.hatena.ne.jp/j3tm0t0/20120404/1333531368
http://msysgit.github.io/
http://aws.amazon.com/code/6752709412171743
*貴重な情報に多謝

・Elastic Beanstalk について

以下参考
http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1106/15/news128.html
http://www.slideshare.net/shimy_net/aws-elastic-beanstalk-23314834
特にJAWS-UG大阪の清水さんの資料はお勧め

・Gitの導入

以下からセットアップファイルをダウンロード
http://msysgit.github.io/

デフォルトのままインストール

PATHの設定

コントロール パネル\すべてのコントロール パネル項目\システム
=> システムの詳細設計 => 環境変数(N) => システム環境変数(S)
Path を 編集し 末尾に C:\Program Files (x86)\Git\bin; の記述を追加。

PCを再起動

・AWS Elastic Beanstalk Command Line Tool の導入

PowerShellが必須
http://ja.wikipedia.org/wiki/Windows_PowerShell

以下からToolをダウンロード
http://aws.amazon.com/code/6752709412171743

Zipファイルを解凍し任意の場所に置く(以下 c:\bin に解凍ファイルを置いた例)

以下のセットアップの実行
C:\bin\AWS-ElasticBeanstalk-CLI-2.6.0\AWSDevTools\Windows\AWSDevTools-OneTimeSetup.bat
コマンドプロンプトが表示されてそのまま閉じたら終わり

PATHの設定
コントロール パネル\すべてのコントロール パネル項目\システム
=> システムの詳細設計 => 環境変数(N) => システム環境変数(S)
Path を 編集し 末尾に C:\bin\AWS-ElasticBeanstalk-CLI-2.6.0\eb\windows; の記述を追加。

PCを再起動

・環境の構築(Z:\work で作業する例)

C:\bin\AWS-ElasticBeanstalk-CLI-2.6.0\AWSDevTools\Windows\AWSDevTools-RepositorySetup.bat
を Z:\work にコピー、実行

コマンドプロンプトで以下作業

Z:\work>git init

Initialized empty Git repository in Z:/work/.git/

Z:\work>AWSDevTools-RepositorySetup.bat

Z:\work>git aws.config
Reading Credentials from C:\Users\kataoka\.elasticbeanstalk\aws_credential_file.
The file does not exist. You can supply credentials by creating the file or edi
ting .elasticbeanstalk/config to reference a different file.
The credential file should have the following format:

AWSAccessKeyId=your key
AWSSecretKey=your secret

AWS Access Key: *** KEY ID ***
AWS Secret Key: *** SELECT KEY ***
AWS Region [default to us-east-1]: ap-northeast-1
AWS Elastic Beanstalk Application: *** Appli Name ***
AWS Elastic Beanstalk Environment: *** Envi Name ***

Z:\work>dir
ドライブ Z のボリューム ラベルは OS です
ボリューム シリアル番号は 0475-7E6F です

Z:\work のディレクトリ

2014/04/11 16:28 <DIR> .
2014/04/11 16:28 <DIR> ..
2014/04/11 16:31 <DIR> .elasticbeanstalk
2014/04/11 16:24 140 AWSDevTools-RepositorySetup.bat
2014/04/11 16:20 35 index.php
実際の定義ファイルは以下
記載ミスはテキストエディタで直接直すのが楽

C:\Users\ログインユーザID\.elasticbeanstalk\aws_credential_file
Z:\work\.elasticbeanstalk\config

・phpの試験ファイルを作成

index.php 定版の例
<?php echo “Hello Beanstalk!\n”; ?>

・gitを使ってDeploy

Z:\work>git add index.php

Z:\work>git commit -m “php test 01″
[master (root-commit) 34b90c4] php test 01
1 file changed, 1 insertion(+)
create mode 100644 index.php

Z:\work>git aws.push
Pushing to environment: php5-env
Counting objects: 3, done.
Writing objects: 100% (3/3), 253 bytes | 0 bytes/s, done.
Total 3 (delta 0), reused 0 (delta 0)
remote:
To https://…………………………………………………&#8230;
…………………………………………………………….
+ ……. -> master (forced
update)

…. は環境で表示が異なる

Z:\work>

・結果

Deploy実施前

before

Deploy実施後

 

after

デプロイのログも残されています

result

広告

About Yukihito Kataoka
@ykataoka

現在コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。